診療について

CONTENTSopen

不妊症について

そもそも不妊症とは、どういうものなのでしょう。
医学的には、妊娠を望んでいるのに、2年を過ぎても妊娠しないカップルを不妊症と定義しています。一方で、妊娠を考える夫婦の年齢が比較的高い米国の生殖医学会では、1年以上を不妊症と提唱しています。

不妊症の夫婦は10組に1組の割合に存在し、この割合は昔も今も、また欧米と日本とでも差はないとされています。一般不妊症治療(タイミング法、排卵誘発法、人工授精、その他漢方などの薬物療法)を始めると、妊娠できる方の場合、多くの方は6カ月までに妊娠に至りますが、その後1年を過ぎると一般不妊治療のみでは、ほぼ妊娠は見込めないと言われています。

  • 卵子数の年齢による変化
  • 女性の年齢と体外受精成功率
ご予約・お問い合わせはこちら|TEL.042-701-3855