診療について

CONTENTSopen

体外受精

■体外受精とは?

体外受精とは?

自然の妊娠の場合では、排卵された卵子は卵管で精子と出会い、受精して分割を繰り返しながら子宮へ着床します。この過程のどこかに問題がある場合には、自然妊娠することは困難です。
体外受精-胚移植法とは、この一連の過程のうち受精から胚の発育までを最新技術を用いてサポートし、妊娠を成立させる治療法です。一般不妊治療では結果が得られなかった難治性の不妊症に対して、非常に有効な方法です。この方法を行うためには、高度生殖医療と呼ばれているように、豊富な経験と知識、高度な技術、そして専門の設備が必要になります。

精子本来の力により受精を行う一般体外受精では、精子をより良い状態に整える必要があります。当クリニックでは、WHOが定める正常精液の基準よりもさらに厳しい基準を一般体外受精を行うことができる基準として設定し、少しでも妊娠成績を改善出来るよう、独自のシステムで対応しています。

■体外受精が成功するための条件

1.培養液に関して

培養液は卵の成長を支える最も重要な要素です。メーカーの違いや、同メーカーであったとしても、ロットの違いでその内容は完全には同じものではないことがあります。当クリニックでは選りすぐった培養液を使用し、同ロットであっても、状態を常に検査・監視し、できるだけ成績のよいものを選択後使用します。また、胚移植の反復不成功症例には、着床を助けると言われているヒアルロン酸を多く含んだ培養液を使用することもあります。患者様の状態を常に検討し、それに応じた培養環境を提供することを目指しています。

2. 卵子に異常がなく、赤ちゃんになる能力がある受精卵(胚)ができる

3.着床環境に問題がない

以上の点を慎重に検討し、条件を満たしていかない限り、妊娠は達成されません。
結果が得られない場合には上記のどれが満たされていないのか、再度検証をします。

PAGETOP

■体外受精の年齢制限

当クリニックでは満50歳以上の方の不妊治療初診をお受けしておりません。ご来院の際はご注意いただきますようお願い申し上げます。不妊治療の最終目的は健全な赤ちゃんを産んでいただき、かつ、お母さんも心身ともに健康に子育てができることであると考えます。高齢になると、卵子の異常、胎児の異常が増し、母体においても妊娠期間中における高血圧や脳出血などの合併症の可能性が高まることが理由ですのでご理解くださいますようお願い申し上げます。

PAGETOP

■反復不成功患者さまへの対応

何度か治療を試みているにも関わらず、妊娠に至らないケースは少なくありません。
当クリニックの対応については、以下で詳しくご説明しております。

PAGETOP
ご予約・お問い合わせはこちら|TEL.042-701-3855