子宮内膜着床能検査(ERAに関して)

更新日:2018年05月14日

                              

ERA                       2018年3月


Endometrial Receptivity Analysis

子宮内膜着床能検査

1. ERA検査の目的

 

原因不明の反復性着床障害(良質な受精卵を複数回移植しても妊娠に至らない場合)の原因として子宮内膜の【着床ウィンドウ】が一致していないという報告が2014年にスペインのIVI Valenciaという施設から発信されました。【着床ウィンドウ】つまり子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるのではないかというものです。当院ではERA検査をすることにより各患者様における【着床ウィンドウ】の結果から移植の時期を判断し、妊娠・出産をしていただくため実施しております。

2. ERA検査の背景

 

これまでは【着床ウィンドウ】を知る手段として子宮内膜日付診(組織学的基準に基づく方法)というものが一般的でした。しかしこの検査のみでは正確に判断し移植時期を決定することは困難な可能性があります。ERA検査は患者様の子宮内膜組織より抽出したRNA産物をNGS(次世代シーケンサー)を用い、236個の発現遺伝子を解析することにより【着床ウィンドウ】を明らかにすることが可能になりました。ERA検査を受けられた方の30%近くが【着床ウィンドウ】の時期がずれていたという結果が分かってきております。

3. ERA検査の方法

 

例といたしまして、ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン(P)投与開始日を0日とし、5日目(P+5)に子宮内膜を採取します。自然周期の場合は排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目ーLH+7、hCG+7)に子宮内膜を採取します。この検査周期では移植は行いません。なお、こちらはあくまでも推奨例であり、患者様と当院医師による最適な周期において子宮内膜採取を行っております。また子宮内膜を採取するため出血、痛み等を伴う場合もございます。事前に医師、看護師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。

                        

4.ERA検査の結果

 

子宮内膜を採取した時期の結果がReceptiveの場合、【着床ウィンドウ】には問題がなく良質な受精卵をこの時期に同じ条件にて移植していくことにより妊娠が期待できます。Non‐Receptiveとの結果が出た場合は、再検査が必要となる場合がございます。この場合、検査結果には次回検査時の子宮内膜採取のタイミングの指示が記載されています。再検査の結果を確認することで患者様個人の最適な移植時期を特定できますので、次回以降の同条件の周期にて良質な受精卵を移植します。

再検査によって最適な移植時期を特定した「個別化された胚移植」を実施した結果、妊娠率が24%向上しています。

 

5.ERA検査注意

 

ERA検査の結果が出るには2~3週間ほどを要します。検査結果によっては再検査、再々検査の場合もございます。

6.ERA検査実施に伴う副作用及び不利益に関しまして(免責事項)

 

頻度は稀ですがERA検査を実施されるにあたり、考えられる副作用として術後出血、子宮内感染症、子宮穿孔等がございます。またこの検査は現在スペインに検体を国際輸送し検査・解析しております。輸送中の事故等による検体の破損・もしくは逸失につきましては、その理由を問わず当院では一切の責任を負えないことをご了承ください。

                                                  

7.ERA検査の同意の取り消し

 

患者様はERA検査の実施前であれば、本治療の同意を取り消すことが可能です。しかし、一度同意があった医療行為に関しましては、あとからお取消しのお申し出があった場合、すでに行われた医療行為(具体的にはホルモン調整等)につきましては同意があったうえで行われたものといたします。

8.個人情報のお取り扱いに関しまして

 

個人情報に関しましては当院で厳重に管理し、個人情報保護法及び関連するガイドラインに従っております。但し守秘義務誓約書を交わした審査機関による審査のみには提供する場合もあります。また患者様の身元が確認できる情報及び個人情報は法律に基づいて要求される場合を除き、保護されます。なお学会報告、論文掲載に使用する場合は個人情報はすべて匿名化し患者様個人を特定できないよう十分な配慮を怠りません。

9.ERA検査キット開発における参考文献

 

A Genomic Diagnostic Tool for Human Endometrial Receptivity based on the Transcriptomic Signature     Fertil Steril.2011. 95(1)pp: 50-60, 60.e1-15 Díaz-Ginemo P, Horcajadas JA, Martínez-Conejero JA, Esteban FJ, Alamá P, Pellicer A, Simón C       子宮内膜組織における238個の遺伝子の発現量を調べることで、着床能を知るためのバイオマーカーとして使用できる可能性を示した初めての報告です。

 

The endometrial receptivity array for diagnosis and personalized embryo transfer as a treatment for patients with repeated implantation failure.                                                   Fertil Steril. 2013 Sep;100(3):818-24. doi: 10.1016/j.fertnstert.2013.05.004. Epub 2013 Jun 4. PubMed PMID:23756099 Ruiz-Alonso M, Blesa D, Díaz-Gimeno P, Gómez E, Fernández-Sánchez M, Carranza F, Carrera J, Vilella F, Pellicer A, Simón C.      反復着床障害をもつ患者らの着床時期における子宮内膜の網羅的遺伝子発現解析から、着床ウィンドウのずれと遺伝子発現パターンに相関があることが強く示唆された初めての報告。これによって、着床ウィンドウに合わせた(個別化された)胚移植が不妊治療におけるツールの1つとなる可能性が示されました。

What a difference two days make: “personalized” embryo transfer (pET) paradigm: a case report and pilot study. Hum Reprod. 2014 Jun;29(6):1244-7. doi: 10.1093/humrep/deu070. Epub 2014 Apr 15. PubMed PMID: 24737781 Ruiz-Alonso M, Galindo N, Pellicer A, Simón C.       反復着床障害をもつ患者に対し診断としてERA検査が用いられ、個別化された胚移植が実施された臨床報告。着床ウィンドウに合わせた(個別化された)胚移植によって赤ちゃんが誕生した初めての報告である。

 

                                                               

 

当院で治療を受けている方の検査費用は140,000円(税込)です。
当院以外の患者様でERA検査をご希望のかたは250,000円(税込)にて検査を行っておりますので、詳しくはお電話にてお問い合わせください。

*薬剤、超音波検査、ホルモン検査にかかる費用は上記の金額に含まれません。

                                                                                

 

ERA検査詳細に関しましては当院までお問い合わせください

クリニック様名 神奈川ARTクリニック

                        院長様名 田島 敏秀

                                       住所 神奈川県相模原市南区相模大野6-19-29

                        電話番号 042-701-3855

                        FAX番号042-701-3866

                        ホームページアドレスhttp://www.kanagawa-art.jp/

不妊原因を分子生物学的に解明し、不妊治療を効率的に

広島HARTクリニック
東京HARTクリニック
横浜HARTクリニック
慈誠会マタニティホスピタル
ご予約・お問い合わせはこちら|TEL.042-701-3855
初診予約web受付