INFORMATION

2017.5.9
ご案内

緊急時の対応について

当院へ通院中の皆さまには、あらためて御礼申し上げます。

さて、体外受精治療の方も増え、お預かりする凍結受精卵や凍結精子の数も増えてきました。

責任をもってお預かりしていますが、凍結期間は3年と長く、

災害や事故などいつ予期せぬことが生じないとも限りません。

そこで、万一診療が行えないような状況が生じた場合には、

HARTグループとしての連携病院である横浜HARTクリニックとの間で、

凍結胚および凍結配偶子を相互に輸送する取り決めを正式にかわしました。

何事もないことを当たり前として日々診療していますが、

リスクマネジメントとして上記の通り取り決めましたので、引き続き安心してご通院ください。