診療について

はじめての治療の前に

これから不妊治療をお考えの方へ、不妊症や治療についての基礎知識をまとめました。
実際の治療方法や進め方はご本人の既往症やコンディションに応じて決定されるため、ここに書いてあることは参考としてご覧ください。お分かりにならないことや不安に思われていることは、気兼ねなく医師やスタッフにお尋ねください。

■ 不妊症について

妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないことを「不妊」と呼びます。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。
しかし、女性に排卵がなかったり、子宮内膜症を合併していたり、過去に骨盤腹膜炎などにかかったことがあったりすると妊娠しにくいことが分かっています。このような場合は、上記の定義を満たさなくても検査や治療を考えて良いでしょう。また、男女とも加齢により妊娠が起こりにくくなることが知られており、治療の先送りで成果が下がるリスクを考慮すると、早めの治療をおすすめする場合もあります。不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、この割合はもっと高いともいわれています。

■ 卵子数の年齢による変化

■ 女性の年齢と体外受精成功率

■ 不妊治療について

二人とも問題(異常が)ないと言われているのに、人工授精を何回もしたのに、1年以上治療に通っているのに……なぜ妊娠しないの?このような疑問や不安をお持ちではないでしょうか。一般不妊症検査では明らかにできない、以下の4つの要因があります。

【要因①】
卵管の機能

■ 卵管の機能

子宮卵管造影や腹腔鏡検査では、卵管がつまっているかどうかは分かりますが、「排卵した卵を捕獲する(ピックアップ)」「精子を輸送する」「受精、胚発育に適した環境を提供する」「胚(受精卵)を子宮内まで輸送する」といった卵管の機能が、正常にはたらいているかどうかを検査することはできません。




【要因②】
精子の受精能力

■ 精子の受精能力

精液検査の結果が正常であっても、受精能力に異常のある場合があります。
通常、数千万〜数億の数の精子の中で、受精能力のある精子は20%程です。これが10%を下回ると受精する率が低下します。受精能力は精子の運動状態や、精子の頭部にある酵素など複数の酵素が関与します。




【要因③】
卵の質

■ 卵の質

卵の質は赤ちゃんができることの最重要因子ですが、毎月排卵している卵の質は一定ではありません。20代の女性でも良質な卵が排卵される確率はおよそ2〜3ヶ月に一度と言われています。生まれた時に約100万個ある原始卵胞(成熟前の卵)は、20代では約20万個に、30代半ばにはさらにその半分になります。一生のうちに排卵する卵はおよそ400〜500個。加齢とともに卵の数と良質卵の割合は減少します。生まれつき卵の数が少ない、良質卵が少ないという方も少なくありません。




【要因④】
子宮の機能(着床能力)

■ 子宮の機能

体外受精で良質な胚を何回も移植しても、着床しない場合があります。子宮内膜が厚くならない、子宮内膜症や子宮筋腫が大きいなどの原因が考えられますが、本当に着床しないのかは通常の不妊検査では分かりません。




不妊治療とは、悪いところを治して妊娠することではありません。妊娠に至らない原因を見つけ、その部分が機能できるよう、あるいは代わるもので補助して妊娠しやすくすることです。
当クリニックは、なかなか妊娠に至らない方・すでに不妊治療を続けているが妊娠しない方のために、その原因を明らかにし、最先端の生殖補助医療を提供する施設です。現在受けている治療に満足できない、納得できない方もぜひ一度ご相談ください。

不妊治療の目的は明確です。しかし、その目的がいつ達成できるのか、先が見えずにストレスを抱えてはいませんか。これまでの治療ですでに疲れきっている、新しい治療を始めることに、追いつめられたような思いに駆られる、身近な家族や友人にも打ち明けられず、孤独を感じる……こうした経験を患者さまご自身の未来の糧にできるよう、先端医療と心のケアの両面からサポートいたします。